実践する

 

自分を変えたい、理想の自分に近づきたい。誰しも一度はそのような感情になったことがあると思います。でも自分を変えることは簡単ではありません。自分を変えたいという気持ちが長続きしなかったり、頑張りすぎて疲れてしまったりとさまざまな理由で挫折してしまう人が多いと思います。世の中にはそのような挫折を乗り越えて自分を変えることに成功した人もいます。その人が特別な人だからということではなく、続ける努力をしたから、続けられる方法を知っていたから成功できたのです。ではどのようにしたら自分を変えることができるのでしょうか。

 

【具体的な目標を持つ】

自分を変えたいというと少し漠然としているのでそのために実際に何をすればいいのかというとわかりません。そこでできるだけシンプルな具体的な目標を決めます。例えば早く起きる、一駅歩くようにする。などとあまりハードルを高くしない目標がお勧めです。具体的な目標は達成方法が簡単なので行動に移しやすいので自分自身に変化を感じやすいので、続けるモチベーションが保ちやすくなります。大きな目標を持つことは大切です。しかしその目標達成のための手段を見つけられないことには何も始めることはできません。そこで考え方を変えて、まずは自分が続けてできることからコツコツと始めることで目標達成に近づいていきましょう。

 

【チャレンジしてみる】

目標を設定し、その目標のためにコツコツと続けてできることから始めることで少しずつ自分に自信がついてきます。そうなると自分でもやればできるということを実感するのでさらに新しいことにチャレンジしてみましょう。新しいことを始めるときはその判断が正しいかどうか迷ってしまうものですが、あまり深く考えてしまうと結果的に止めてしまう人が多いのでやってみようと思ったその気持ちを大切にしてまずはチャレンジしてみましょう。新しい刺激は精神的にも良い効果をもたらします。考え方を変えてとにかく何でもチャレンジすることで今までの自分と少しずつ変わってくるはずです。そのような成功体験を自分自身に増やしていくことで、自分の理想とする形へ近づいていくことができます。

 

考え方をいきなり変えるのは簡単なことではありませんが、自分を変えたいという気持ちを持っているのならば始めは簡単なことから始めていきましょう。その方法が結果的になりたい自分になる一番の近道になることでしょう。

 

なりたい自分になるために ⇒ セルフイメージとは?

 

 

プロの話を聞いてみよう

 

毎日の生活の中で、自分に足りない部分、伸ばしたい部分を感じることがあると思います。そんなときほとんどの人はせっかくのその思いを何もせずにやり過ごしてしまっていると思います。その理由として忙しい、時間がないという理由のほかに一番多くの人が直面していることですが、どうやっていいかわからないということがあると思います。ということは裏を返せばやり方さえわかればチャレンジしたいという人が多いのではないでしょうか。それではどのようにすれば行動に移すことができるのでしょうか。一番簡単な方法はプロに教えてもらうことです。どんな分野にもその道のプロ、専門化がいるものです。そしてそのような人たちは自分たちがもっている技や技術を多くの人に知ってもらいたい世の中に役立てたい、という思いを持っています。それを学ぶ場は学校であったり講座であったりさまざまな形で私達の身近にあります。

 

【濃縮された時間】

講座などで私達に教えてくれるプロや専門家の人たちは何年、何十年とかけてその技や知識を身につけてきました。失敗や挫折、遠回りをしながらやっと身につけたことを講座などで学ぶことで私達は効率よく短時間で吸収することができます。身につけたい技や知識で取得するまでの期間は違いますが自分ひとりで始めていたら比べ物にならないくらい時間もお金もかかってしまうことでしょう。自分で考えることはとても大切ですがそのための準備が大変、時間がないといって先延ばししてしまうよりもプロ、専門家に教えを請うことのほうが有意義だといえるのではないでしょうか。実際に社会に出ると仕事で使う必要なスキルを身に着けるために会社でプロや専門家を招いて講習会などを開いています。仕事をしていると時間とお金は切っても切り離せない関係です。自発的に勉強する間待つよりも会社主導で効率のよい方法で社員のスキルアップを図っています。

 

【わかるまでやる】

講習を受けてもただ受けているだけでは何の役にも立ちません、自分から吸収しようとする気持ちがないとせっかくの貴重な時間が無駄になってしまいます。濃縮した時間ほど取り返すことは簡単ではありません。わからないときはそのままにせず、わかるまで徹底的に質問して納得することが大切です。

 

やりたい事や勉強したいことがあってもあきらめていた人も考え方を変えて、プロに教えてもらうという実現への近道を利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

コーチングを受けてみる

 

もし今の人生に満足していますかと聞かれたら、どれだけの人が満足していると答えることができるのでしょうか。そして満足していると感じていない人は何か人生を変えるような努力をしているのでしょうか。人生を変えるのはどのようにすればいいのでしょうか。人生が変わったと感じるには何が必要なのでしょうか。

 

自分の可能性

人にはそれぞれ向き不向きがあります。今いる環境が自分にあっているならばその人は満足感を感じることがあると思います。でも自分に何が向いているのか、何ができるのかを見つけることは簡単ではありません。多くの人が同じようなことで苦労しています。100パーセント自分自身の理想の環境に身を置く事はできません。ではどのようにすれば満足感を感じることができるのでしょうか。それは今の環境の中で自分の可能性を試してみることです。人には自分でも気が付かないような可能性を秘めていることがあります。人見知りする人がサービス業についてみるとてもいい仕事をしたということもあります。自分の中にある可能性は何もしなくても自分で気が付くということはありません。色々なことに何度もチャレンジしてみないと見つけることはできません。

 

コーチングを受けてみる

自分の可能性や能力、周りの人の可能性や能力を引き出す技術をコーチングと言います。最近ではコーチングがビジネスの場で広く取り入れられるようになり、その結果を残しています。会社内でのコミュニケーションは業務を円滑に運ぶためにはとても重要です。しかしそれぞれの立場にあったコミュニケーションのとり方が必要なのですが誰もがうまく振舞えるわけではありません。そんなときにその人の立場に必要なコミュニケーション技術がコーチングを受けることで身につけることができます。その結果自分自身や部下や仕事関係において効果が表れるのです。コーチングはその人に金銭的な利益をもたらすことを目的としてはいません。人間的に成長できるにはどうすれば良いかを学ぶことができます。そのことは人生に満足感を感じ幸せに生きるにはどうすればいいのかを考える道につながります。

 

今の世の中は閉塞感があり多くの人が先行きに不安を抱えています。その状態が続いても不安を払拭することはできません。コーチングは自分の可能性を広げてくれます。不安な先行きを少しでも明るく照らし、この先の人生を変えてくれるのではないでしょうか。

 

人生を変えたいあなたへ ⇒ コーチングで変わる!